【合縁奇縁】・・・人と人の交わりは、「縁」という不思議な巡り合わせによるものである。 ~日々あったこと、思うこと、感じたこと~ BY 直美 


by naonao-1714
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フェイさん来たる

a0042255_1791872.jpg

昼前にフェイさんがやってきた。

優しいピンクの薔薇と、夫Hくんへと晩ご飯の差し入れをいただく。

花瓶は朝食に出る牛乳瓶を使ってるんだけど、かわいいでしょ?


夫への差し入れは、
くらげの和え物、えびとセロリの炒め物、さばじゃが。
これ、私の晩ご飯とまるっと交換したい。まじで。

何か感付いたのか、「セロリは体を冷やすからだめよー」とやんわり言われた。あはは。


フェイさんは持ってきたお弁当を、私は病院の食事を、一緒にお昼。



入院して、一番病院にやってきてくれるのがこのフェイさんであります。

入院した日もすぐ駆け付けてくれて、まだ呆然としている私がやっと泣けたのは彼女の顔を見てからだった。(夫では泣かなかったのに)

早産予防のための手術を4月の終わりにしたときも、夫より早く夫婦で病室に現れ緊張している私のそばにずっと居てくれた。

緊急の手術が入ったりして手術開始時間が予定より4時間も遅くなったにもかかわらず、手術が終わって私が戻ってくるまで消灯時間も過ぎた暗い待合室でずーっと待ってくれていた。


彼女の存在がどんなに私を安心させてくれたことだろーか。



フェイさんが帰って行ったあと同室のWさんが、
「美人で品があるね~」としきりに感心していた。

「そーやろー?」とかなり得意気に答え、彼女の人となりを熱く語る私でありました。


フェイさん、いつもありがとう。愛してます。
[PR]
by naonao-1714 | 2009-06-02 17:09 | 入院生活